★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年12月23日

うまいにこしたことはないけれども、うまけりゃいいってわけでもない。

いやぁ〜もうド年末。
明日はクリスマスイブ、そして明後日はクリスマス。
クリスマスを越すと、もう、お正月・・・
その前には私、また1つ年齢を重ねるわけです〜が、
1年ってとてつもなく早いですね〜〜

今年は皆様にとってどんな年でしたか?!


さてさて、今日は・・・配役のお話をしたいと思います。
演出家の仕事の一つに配役があります。
舞台やヴォイスドラマの一部の作品では、プロデューサーやキャスティングプロデューサー/キャスティングディレクターが配役をすることがありますが、演出家やディレクターの仕事だと言っても良いと思います。

私がキャスティングする時に一番気をつけていることが、
”ポイントがずれていないか”
という事です。

このポイントが重要なのですが・・・
はてさて、何のポイントなのか、ということです。

その作品を通じて何を表したいか、ということが大事になってきます。
例えば、とにかく集客したいのか、
例えば、愛を表現したいのか、
例えば、面白さを表現したいのか、
例えば・・・などなど
色々と表現したいことや仕事上、重要になってくるテーマが異なります。

このテーマの”ポイントがずれない”ように配役していくことが重要だと思っております。

つまり、例えばとある作品のキャスティングを同じ役者さん達でしようと思った場合、
このテーマによってはキャスティングは全く異なるということになるのです。


ですので、タイトルにも書きましたが、
役者さんがうまいにこしたことはないけれども、うまけりゃいいってわけでもないということになってきてしまうのです。
つまり、どんなにうまい役者さんでも、その作品が表そうとするテーマや商業的な目的や制約に沿わなければキャスティングされない場合もあるわけです。

他方で、まず、役者が決まっていて、作品があとから作られる場合もあります。
この場合でも、何かテーマや制約に従って作品が出来上がってくるわけです。
このお話はまた別の機会に・・・

何れにしても配役という作業はテーマのポイントからずれないように心がけて取り組んでいます。
そして、その配役が紡ぐ物語を皆さんにご覧いただく、というわけです。

今週末はクリスマス。
皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください♪
posted by 武藤賀洋 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。