★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2010年11月26日

自分の思う事、他人の思う事

自分が良いと思った事やイヤだなと思う事って人に伝えたくなる時がありますよね。

美しいと思った事。
楽しいと思った事。
嬉しいと思った事。
イヤだなと思った事。
このやり方すげー!と思った事。
このやり方でできない事ができた!と思った事。
感動した事。
心が揺さぶられた事・・・


でも、これらは、自分が感じたものであって、
伝える相手ーーー他人ーーーには本当に良いものなのでしょうか。
不明な時があります。

例えば、お芝居のお稽古方法でも練習方法でも、自分にあったやり方でも人にあっているとは限りませんし、
他人に教えてもらったやり方が自分にあっているとは限りません。
やり方はーーー無論、このブログの方法も、他の方法もーーー様々、千差万別、無数にたくさんあります。

芸術にはやり方、表現の仕方も千差万別。どれが良い!というものはありません。
自分自身で自分にあったやり方を見つけ、作っていく事が重要だと思います。
学校や養成所で教えてもらう方法は何年も実績をかけて作られて来ています。
だからこそ、これをマスターし、更に自分のやり方を何年もかけて構築していく必要があるのです。
(学校や養成所で教えてもらう方法をやりもせずに、
 またはちょっとやって「合わないなぁ」と思うことはそれはそれで良いのですが、
 やらなくなるのは論外です。)

ちょっと強引な話になりますが、「軍服を自分の身体に合わせる」という言葉もあり、
やり方に合わせて、自分の思想や思考を変えて行くのも一つの方法です。

また、重要なのは、方法は常に進化しているということです。
ですから、様々な方面から学ばなければなりません。ある種の拠り所、お手本があったとしても、マニュアルがあったとしても、
そこに練習やお稽古の「目的」がなければ、まったくもってそれらは意味をなさないと思います。

私も実は生徒さんからたくさんの影響を受けていたりしています。
先生師匠方、諸先輩方、同期、後輩・・・学べる人はたくさんいます。
どんな人からも何かを受け取り学べる事がこの答えのない世界で生き残っていく方法の一つなのかもしれません。

あたえられた方法ばかりではなく、自分で納得のいく方法を模索して実践していく事が我々にとって重要だと感じますし、もし、やり方に正解があるのだとしたら、皆、プロになれている気がするのです。
posted by 武藤賀洋 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ムトウの思う精神論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170733322

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。