★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年04月08日

作品の根底に流れているもの・・・

いつも武藤賀洋演出ノートBlogをご覧頂き、応援頂きましてありがとうございます。

平成23年3月11日に発生しました「東日本大震災」により被災された皆様には、謹んで心よりお見舞い申し上げます。

私は私のできることを通じて、被災者の皆さんに1日も早く、笑顔が戻るように、希望の光を胸に、一歩一歩進んで参りたいと思います。
また、劇団新和座の公演に関しましても皆様が安全/安心にご覧いただけるように準備をしております。今しばらくお待ちください。

さて、一定期間、休止しておりましたブログは本日から再開いたします。


さて、本日は、この間も書いたかもしれませんが、「作品の根底にながれるもの」というテーマです。

私が演出する作品には常に『愛』というテーマをもって取り組んでいます。
世の中の色々な作品には『笑い』だったり『人間模様』だったり『恋愛』だったり『人間讃歌』だったりと・・・様々なテーマがあるかと思います。
そのテーマーーー武藤作品は必ず『愛』というテーマを持って作品に取り組むようにしております。
それは、兄弟愛かもしれませんし、師弟愛かもしれませんし、親子の愛かもしれません。もちろん、男と女の間の愛というのもあるでしょう。

私は作品に登場する人物は必ず、なにかしらの「愛情」をもっているからこそ、存在しているのだと考えます。それが例え、自己愛だとしても利己愛だとしても利他愛だとしても。。。
だからこそ、登場人物は感情を剥き出しにし、面白みのあるキャラクターになっているのではないかと考えています。

そして、作品全体を通じてもそうした愛の行動、言動をもって、お客様になんらかの愛を感じ取っていただけるように作っております!

今年度の新和座、武藤作品、是非、ご期待ください!
posted by 武藤賀洋 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194921913

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。