★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年05月27日

求められる事と求める事、自分を知ること

早いもので5月ももう下旬であります。
知らず知らずのうちに半年にさしかかろうなんて…早いものです。
年齢を重ねると時間が早くなる、と先輩に言われた事がありますが、まったくもってそのとおり。
1日があっという間に過ぎて行ってしまいます。
しかしながら、その1日をボーっと過ごすのと何か目的をもって過ごすのとでは大分違うんだなぁ〜
と最近すごく思います〜

さて、今日は「求めることと求められる」というお話、自分を知るべきというお話をしたいと思います。

ここに恥ずかしながら1枚の写真があります。
20110527.jpgこれ、私、武藤賀洋なわけですが…このおっさんが、ビジュアル系バンドのボーカルの役をやる、と言ったらネタ的には面白いかもしれませんが…どうにもこうにも格好がつかないと思うのです。でっぷり肥えているこの顔では似合いません。ですが、とある中学生のお父さん役をやると言ったらそりゃあもう、いい味がでるかもしれませんね。

そういう事なのです。いくら自分がかっこいい役をやりたいと思っていても、周り(お客様や演出、監督など)から求められる事は違う場合が多いのです。

自分が好きだからこれをしたい、こういうことをしたい、こういう役にしたいと思うのは大いに結構ですし、研鑽するべきことだとは思います。しかし、これが仕事ですとそうも言ってられないわけです。仕事、つまりは依頼があるわけですから、その依頼について100%以上の出来で応えなければいけないわけです。それは得てして自分が”求めている”ものは少なく”求めれる”事とは違う場合がままあるわけです。

例えば、殺陣が得意だからと言って、企画にも演出意図にもない動き、アクションを入れてしまったら、そりゃあ作品が壊れてしまいます。自分が出来るからと言って必ずしも求められているとは限らないのです。

お芝居を勉強しているとこの「求められている事」に悩む場合があります。
この悩みを解決するにはどうしたらいいか…それは自分を知ることなのです。
もちろん、自分自身の事は自分がよく知っているわけですが、『他人から見た自分』というのは不明な部分が多いこともまた事実です。
外面―――自分の姿形、身長、重さ、顔のつくり、声、表情などなど―――はもちろん、自分の内面も客観的に見て、自分を深く知る事が大事なわけです。
こうすることで、現場で自分が何を求めれているのか、何をなすべきなのかはおのずと分かってきます。この客観性を疎かにすると自分の経験や凝り固まったイメージばかりに惑わされて、監督さんや演出、果ては共演者や他のスタッフにまで違和感を覚えられてしまいます。

求めていることと出来ることと求められている事は違う―――これを十二分に認識し、自分を知ることは役者修行にとってとても大事な事だと考えています。
posted by 武藤賀洋 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。