★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年08月12日

演技ができない

暑い日が続きます…皆様、熱中症対策は万全でしょうか?
寝苦しい夜も続きます。
是非、皆様ご自愛ください。

さてさて、本日のタイトル「演技ができない」ですが…
皆様はこんなタイトルのように感じたこと、思ったことはありませんでしょうか。

役者をやっている方なら誰しも1度は思ったことや感じたことがあるかもしれません。

演出や監督にいろいろダメだしを受けた時、
あまりにも自分の性格・特徴とかけ離れた役の時、
役が難しく感じた時…

などなど色々あると思うのです。

こうした感じを持つ時共通して言えるのが”説得力を持っていない”といことなのです。
例えば、何故、ダメだしをたくさんもらうのか…無論お芝居をより洗練する為、作品をブラッシュアップするためなのですが、演出や監督が”納得”していないからダメだしが出るわけです。つまり役者さんの説得する何かが足りないということができるのではないでしょうか。

役者さんとしてお芝居をする以上、その役をお客様に納得して頂くための『説得力』、もちろん技術的にも内面的にもこの力が必要だと私は考えています。
posted by 武藤賀洋 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219975416

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。