★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年09月02日

自分を見つめる、把握する、動かす

9月になりました!
早いものでもう、9月です!!
なんという早さでしょう〜 秋です、秋。
当然のことながらまだ残暑は残っていますが、もう秋です。
芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋…皆さんはどんな秋でしょうか〜
私は芸術の秋と行きたいところですが、食欲の秋となりそうです〜

さて、今日の話題ですが、
『自分を見つめる、把握する、動かす』
です。


お芝居をする上において自分を知らなれければお話にならないと考えています。
例えば、どれくらいの高さの声が出せ、滑舌ではどこが不得意であり、怒った時はどんな表情をするか…などなど。把握されているでしょうか?
身近で言えば、似合う髪型似合わない髪型、似合う服・似合わない服などなど自分に合う合わないなどある程度ご存知だとは思います。
同時に着たい服と似合う服というのも別だと思うのです。(一部で合致しているかもしれませんが…)

役者さんにとって、自分を知るということはこれは基礎的なものの一つだと考えています。
何故ならば、皆さんにオファーを出すのはは皆さんを客観的に見ている方だからです。
その魅力を皆さん自信が把握できていないとすれば期待通りの仕事ができないと思います。
この魅力というのは外見的なもの、お芝居的なもの、内面的なもの、スキルなどなど色々あると思います。


これらをまず自分で知ることは重要だと思います。

皆さんは自分の顔を鏡で見ることが多いと思います。
自分の顔の好きなところ、嫌いなことろがあるかと思います。自分の顔が嫌いな方はどこがどのように嫌いなのか確かめてみましょう。同時に自分の顔が好きな方はどこが一番すきでしょう?
自分の全身はどうでしょう?好きでしょうか、嫌いでしょうか。

自分の好きなところは人にアピールできますし、嫌いなところは修正しようとするかもしれません。

しかしながらこの好きな点嫌いな点含めて全て自分の個性であります。たとえ嫌いな点が弱点だったとしても、その弱点を知らなければその弱点をコントロールできません。
ですので、個性をしっかり自分で把握し、おさえることがお芝居をする上で非常に必要であります。

と同時に、顔、身体に共通して、どのように動くのか、動かないのかを把握することが必要です。
例えば、怒りの表情はあなたにとってどのように顔の筋肉が動くでしょうか。
鏡を見て研究し、自分で把握し、コントロールできることが役者さんにとってとても大事だと私は考えています。
ラベル: 身体 表情 把握
posted by 武藤賀洋 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。