★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年09月30日

まずは肯定しないと・・・はじまるものもはじまりません。

こんばんは!
いよいよ9月もおしまいです〜
早いもので今年もあと三ヶ月となって参りました。
9月もあっという間でございました〜
いよいよ明日から10月です!
私事ですが、10月1日劇団新和座の公演チケットの発売日です♪
実は私、喜劇の方がたのしくて仕方ないのです〜
今回は喜劇を演出しました♪
ご興味有る方は劇団新和座公式サイトを御覧ください♪

さて!
今日のお話は「肯定すること」ということについてお話をしたいと思います。

お友達付き合いや、人間関係、家族関係などで、
人から否定されることほど嫌なことはありませんよね。
「それは違う」
とか
「それは間違っている」
とか…
(その人間間における関係性はこの場合考えないものとします)

お芝居でも、演出や監督さんからダメだしされると嫌な気分がしたりしませんか?
この嫌な気分がしているうちは役作りなんかできないわけです。

何故か。

それは、役者さんが先に
’物語’や’登場人物’や’作品’、’演出’について
否定してしまったからなのです。

もちろん、好きで否定したわけではない場合もあるでしょう。
しかしながら、ダメ出しをもらうということは、
どこかしら、そのお芝居を通じて、演出や監督が思っている事と違うこと
はたまた、作品の内容とは食い違った事をしているわけです。
そして、「役」ではなく「役者」としての部分で考え行動している場合もあります。

このブログでも何回か話題に出しましたが、役作りを行う上でもっとも最初にすることは
『役を好きになる。』
ということだと考えます。
これは、単純なことのように思いますが、これがなかなかどうしてできるものでは無い時があります。

もし、自分のキャラクターに合わない役が来てしまったら・・・
もし、自分が嫌いなタイプの役が来てしまったら・・・
もし、自分がやったことのない役が来てしまったら・・・
もし・・・

こうした場合、役を否定して考えてしまうことがあります。
「自分だったらこうしないな」
とか
「自分だったらこうは言わないな」
とか・・・

作品に向かい合う上で、ある種の冷静さは必要ですが、役者個人をして
「自分だったら」
ということをお芝居に出してしまったら、
作品に失礼だと思うのです。

物語も登場人物をまずは肯定し、好きにならなければ役作りは始まらない、そう考えております。
posted by 武藤賀洋 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228250852

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。