★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年10月14日

やっぱ、愛だろ、愛。

10月も半月を過ぎました〜
秋だというのに夏日もあったりと…
気候の変化が激しいですが、皆様どうぞご自愛ください。

さてさて本日の記事はズバリ、『愛』です!
今回は役者さんの勉強をはじめた方向けと言うよりも、私、武藤の演出家としての思想と言ったほうがいいかもしれません。

愛と言っても色々な愛の形があります。
 親子愛
 夫婦愛
 恋愛
 友情
 兄弟愛・・・
などなど・・・

私はお芝居において究極に表現したいことはこの「人間の愛」なのです!


どんな物語にもどんな舞台にも人間の血の通った愛がなければ、人の心は動かないと思っています。
例え、悲劇であろうとも、その裏には人間の愛が絡んでいると思います。
例え、喜劇でも、その裏には人間の愛情がなければ笑いを届けることはできないと考えています。

舞台を作るスタッフ、キャストの全てが見せかけだけの愛しか知らないのであれば、それはやはり、うすっぺらいものになってしまう気がします。

愛には色々な形があるからこそ、人の裏切りや信頼、つながりといった部分を表すことによって、物語がより深くなり、また、どんな物語でも、その登場人物の関係性を突き詰めていき、解釈するとなんらかの愛の形が垣間見えると思うのです。

仏作って魂入れずという言葉がありますが、これは、肝心なことが抜けると何もならないという意味で、一番大切なことを忘れたり、疎かにすることのたとえです。仏像を作っても、魂を入れなければただの木や石にすぎないといことからの喩えなのですが…
これと同様に、物語から芝居を創っても、肝心の魂、人の心、想い―――愛が入っていなければ何にもならない、見ていただいているお客様に何も届けることが出来ないのではないか、そう思っています。

さて、色々な物語には色々な登場人物が出、それぞれに関係性があり、その根本は愛情につながっていると思うのです。そこには所謂、愛もあれば、愛ゆえの憎しみ、苦しみ、葛藤など…様々なものがあると感がております。この登場人物たちの根本の想いと愛情の表現というものを研究し、挑戦し、私も人として、これからもより多くを学び、薄くない舞台制作に取り組んでいきたいと考えております!
posted by 武藤賀洋 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230444352

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。