★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年10月21日

なきゃないでやる

皆さん、こんばんは!
ついこないだも宣伝いたしましたが…


普段はここで演出しております♪
11月10日から新宿シアターミラクルにて上演されます♪
是非、皆様、お運びください☆

さて、今日は『なきゃないでやる』ということをテーマに書いていきたいと思います。

このブログでも何度となく書いてきましたが、お芝居をする上で”想像”することは重要であると思います。
講座などで勉強をはじめたばかりの方からこんな話を聞いたことがあります。
「○○がないからできません」

うーん。
これ、私には「想像力が貧困なのでできません」と言っているように聞こえるのです…

衣装や小道具、照明や音響・・・エトセトラエトセトラ・・・
これらのものはお芝居をするのに大事なものではありますが、それがないとできないというのはちょっと違うと思うのです。
もちろんこれらは想像力を高めるのに有効なものではあります。ありますが、これらがないとできないというは本筋から外れてしまうように思うのです。

また、衣装や小道具、音響や照明が急に変わることがあるわけです。
こうした時、これらのものに頼りすぎていたら対応できないということになってしまう気がするのです。
もちろん、変更には柔軟に対応してこその役者さんだと思います。

ではお稽古やレッスンなどでこれらがない時はどうすればいいか?!
それはもう、イメージを最大限に発揮してお芝居する以外にないのです。
今は恵まれた環境が多く、色々なものが準備されますが、それらに頼ることなく、イメージをまず大事にして役作りを行なっていくことが肝要だと思います。

衣装や道具、照明や音響はあくまで物語を具現化するための道具であって、
その道具に支配された役ではどうしたって真の心は表現できないように思います。
もちろん、その道具があるからこその力、表現も生まれることは言うまでもありませんが、
それらがなければ、できませんというのであれば、役者は向いていないとも思うのです。

是非、イメージを最大限にして五感を働かせ、ないならないなりの環境を利用して、最大限のお芝居、レッスン、お稽古を行なっていくことが肝要だと私は考えております。
posted by 武藤賀洋 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ムトウの思う精神論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。