★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2006年05月25日

私の命題

私は演出家としていつも作品作りに取り組む時、以下の二つを命題にしています。

”役の真情を吐露する”
”その役の気持ちがどう動いたか”

この2点を常に考えながら、あーでもない、こーでもないと考えています。
このそれぞれについて、どのような考えであるかの詳細は別記するとして、
詰まるところ、「役が舞台上で生活する」ことを表現するにはどうすれば
よいかということを常に考えています。

実際の生活でもひとりで生活できないように多くの人間の思いや思惑がやはり
物語の中でも生きていると思うのです。

台詞や仕草を通じて役の真実の気持ちを表現できるか、いつも悩んでいます。
posted by 武藤賀洋 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33536717

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。