★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2006年07月18日

見てからプラン

これは僕のわがままかもしれませんが・・・。
演出プラン(舞台の大道具、小道具、衣装、音楽、照明などなど)
はお稽古を十二分に見てからでないと、考え始めません。

なぜなら、配役も会場もお稽古を見てからでないと
自分のイメージと実際との動きとの差異、
アンサンブル、バランスが取れないからです。

もちろん、こうしたい!
っていうプランニング案もありますが、
役者さんが役と向かい合い、それを見て感じてプランニングを
立てたほうがさらに中身の濃い作品になる気がします。

もちろん、役者さんと
役と作品、関係性などさまざまなことを話すことも
プランニングを進めるのに有効だと考えていますが、
まずは、制限なくさまざまに自由に表現をしてみて、
その中から制限するもの、絞るものを決めていくのが良いと思います。
なぜなら、演出プランって役者さんのイメージを膨らませる役割も
するかもしれませんが、妨げる制限の役割もあると思うのです。

ですので、プランニングをする前に役者さんの自由なイメージのままの
表現を拝見したい、そう考えるわがままな演出家なのであります。。
posted by 武藤賀洋 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。