★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2006年09月15日

シーン分け

脚本には特に指定されていなくても、私は常々、その物語の
シーンやカットを独自に切り分けます。
そして、それはお稽古を数回、拝見してから区切るのですが・・・。

本番に近くなればなるほど、全体を通すということをしていきますが、
私は主に、その作品で訴えたいところを重点にお稽古したいことなどから、
パートを複数に分けてお稽古します。
また、「舞台に出た瞬間にその役の仕事は終わっている」という観点から
各役の登場シーンはとってもよくやることからも、シーン、カットわけ
というのは重要な仕事の一つだと思っております。

パートを分けて脚本を読み、表現したい事、訴えたいことを中心に
構成をしていくと、転換や照明、音に至るまで様々なイメージが
出てくると思いますし、また、制限事項などにも的確に対処できると
考えています。
posted by 武藤賀洋 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33536861

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。