★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2006年10月01日

施策

舞台を作っていると、新たな技術に出会うことがしばしばある。
そうした時に演出家はその技術に関して、自分なりの解釈を
もって、施策をこうじなければならないと考えている。

その施策について俳優さんを振り回すことはもってのほかで
あるが、芸術家として、施策がないのはどうかと思う。

これは俳優さんに言えることだと思う。
新しい現場であれば、その現場の文化を取り入れ、
施策を講じなければ、次の仕事はなかなかこないのではないだろうか。
というのも、やはり我々人間は、経験からの判断に基づき
行動、言動を行っていることが多い。
そうした観点から、今までの自分のやり方のみをひけらかしていたら、
その他大勢の経験や歴史を―――最悪、無視してしてまう可能性すら
あるのだと考える。

我々は常に柔軟な頭と施策を持って、仕事に取り組まねばならない、
そう考えている。
posted by 武藤賀洋 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33536877

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。