★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2007年03月15日

REASON

と英語が書いてみましたが、
云いたいことは
「役のしぐさや科白を含めた行動にはかならず理由と根拠は必ずある」
というなのです。

私たちが普段生活していて、なにげなく行っている行動も
”必要”にかられて行動しているのではないでしょうか。
それが理由であり、根拠であるわけです。

役を研究することは脚本をよく読み込むことが通説だと思いますが、
その役の心理、背景を十二分に研究して、
科白、(ト書き、ト書き外も含めた)行動というもの一つ一つ
に理由、根拠を見つけ出すからこそ、その役に愛着がわくと思うのです。

しかしながら、その理由は「(役者が)やりたいから」では
ちょっと不確かになってしまう気がしています。
演出や作品のテーマを噛み砕きつつ、役者同士間、演出役者間などで
関係性や理由や根拠について十二分に、幾度となく、話し合いたいもの
だと私は考えています。
posted by 武藤賀洋 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。東京にて俳優をしている者です。
武藤様のブログを拝見して、とても勉強にさせていただいています。
突然で申し訳ないのですが、トラックバックさせていただきました。
ご迷惑でしたら、即刻削除させていただきます。
Posted by Kai at 2007年03月23日 05:50
Kai様、ご来訪いただきまして、ありがとうござます。
私も色々と研究して参ります。
今後ともよろしくお願い申し上げます!!
Posted by 武藤賀洋 at 2007年03月24日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

台本の読み方vol.1
Excerpt: ちょっとしたきっかけで訪れる事となった、舞台演出家のブログで「役のしぐさや科白を含めた行動にはかならず理由と根拠は必ずある」普段、生活していて、なにげなく行っている行動も”必要”にかられて行動している..
Weblog: 是本海の『演者』日記
Tracked: 2007-03-23 05:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。