★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年12月23日

うまいにこしたことはないけれども、うまけりゃいいってわけでもない。

いやぁ〜もうド年末。
明日はクリスマスイブ、そして明後日はクリスマス。
クリスマスを越すと、もう、お正月・・・
その前には私、また1つ年齢を重ねるわけです〜が、
1年ってとてつもなく早いですね〜〜

今年は皆様にとってどんな年でしたか?!


さてさて、今日は・・・配役のお話をしたいと思います。
演出家の仕事の一つに配役があります。
舞台やヴォイスドラマの一部の作品では、プロデューサーやキャスティングプロデューサー/キャスティングディレクターが配役をすることがありますが、演出家やディレクターの仕事だと言っても良いと思います。

私がキャスティングする時に一番気をつけていることが、
”ポイントがずれていないか”
という事です。

このポイントが重要なのですが・・・
はてさて、何のポイントなのか、ということです。

その作品を通じて何を表したいか、ということが大事になってきます。
例えば、とにかく集客したいのか、
例えば、愛を表現したいのか、
例えば、面白さを表現したいのか、
例えば・・・などなど
色々と表現したいことや仕事上、重要になってくるテーマが異なります。

このテーマの”ポイントがずれない”ように配役していくことが重要だと思っております。

つまり、例えばとある作品のキャスティングを同じ役者さん達でしようと思った場合、
このテーマによってはキャスティングは全く異なるということになるのです。


ですので、タイトルにも書きましたが、
役者さんがうまいにこしたことはないけれども、うまけりゃいいってわけでもないということになってきてしまうのです。
つまり、どんなにうまい役者さんでも、その作品が表そうとするテーマや商業的な目的や制約に沿わなければキャスティングされない場合もあるわけです。

他方で、まず、役者が決まっていて、作品があとから作られる場合もあります。
この場合でも、何かテーマや制約に従って作品が出来上がってくるわけです。
このお話はまた別の機会に・・・

何れにしても配役という作業はテーマのポイントからずれないように心がけて取り組んでいます。
そして、その配役が紡ぐ物語を皆さんにご覧いただく、というわけです。

今週末はクリスマス。
皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください♪
posted by 武藤賀洋 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

嬉しいことがありました!

またもご無沙汰でございました。
最近は、ツイッターの方にばかりとられてしまいまして、
なかなか更新しませんでした。

今日はちょっと、頂戴したメールを紹介させて頂ければと思います!
昨日、もらったMさんからのメールです。
Mさんは、元々私が講座を持っていた専門学校の生徒さんで、
去年の公演にも参加して頂いたことがあります!



-----------------------------------------
お疲れ様です!!
夜分に失礼します!!

突然ながら…、嬉しい事があって思わずメールしちゃいました!!
実は!!!!
この間、養成所のレッスンで先生に
『短い独り芝居なのに悲しい気持ちを表す時の表情や感情が良い!!
成長したね!!』と
褒めていただいたのです!!
クラスメート数名泣かしました(笑)
そして先生に声優より俳優を進められました(笑)
私的には、前回出演させていただいたエレクトラのお陰だと
思っています。
そこでレベルアップしたから、今回良い評価をいただけました。
メール文章ぐちゃぐちゃで申し訳ありませんが、
武藤先生のお陰だと感じています!!ありがとうございます!!
わーい(ノ≧▽≦)ノ〓

M。

追伸*舞台楽しみにしています!!色々大変かと思いますが、頑張って下さい!!
失礼致しました。

---------------------------------------------



いやぁ、なんとも嬉しいメールです。
彼女はちょっと面白いところがあって、所謂『泣き』のお芝居が不得意だと言っておりました。物凄い成長ぶりだと思います。
このMさんは「武藤先生のお陰だ」と書いてくれています。
本当に先生冥利、演出家冥利につきるわけです。
しかも、養成所の先生に褒められることも、「クラスメート数名泣かし」た事も私としては、一緒に作品を追求してくれた末の事であれば本当に嬉しい限りなのです。

が。Mさんは「武藤先生のお陰だ」と言ってくれていますが、私は嬉しいとは思いますが、”お陰”ではないと思っています。
何故ならば、私は、このMさんが行った課題について見たことも無ければ、聞いたこともありません。
同時にMさんがこの課題について、私の所に指導を受けに来たのならば、ぶっ飛ばしていたかもしれません。何故ならば、養成所の先生のお考えの元で課題があるわけですから、それに口出しするなど以ての外なわけです。

ちょっと話はそれましたが、なによりも
 ・養成所の先生にお褒め頂いた
 ・クラスメートを感動に導いた
のはこのMさんの行動であり、実際には私は何もしていないのです。

ですので、嬉しくほんとうに喜んでおるのですが、私のお陰ではちっともないわけです。
ひとつだけ協力出来たすれば、『きっかけ』を十二分につくるお稽古を
ひたすらしたことでしょうか・・・
きっと、Mさんは自分でモノを考え、きっかけを十二分につくりそれを実践したからこそ、このような結果に導かれたのだと思います。
そして、Mさん自身の努力と素直さ、そして真っ直ぐさがなければこういう結果にはならなかったと思うのです。

しかし、それをさしいても本当に、嬉しいです!!
このように、公演やワークショップを通じて、参加してくれた方々が色々な方面で褒められたり、感動を巻き起こしたり、活躍したりするのは本当に私の励みにもなります!


よし負けない様にがんばるぞー!!
posted by 武藤賀洋 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

世の中には・・・

手間暇かければ良いものができる。
私の父や祖父の言葉です。

スピード化のこの世の中、結果が即求められることがままありますが、
アタシは常に手間暇懸けてじっくり創りたい派なんです!


モノを書くお仕事とかで、 所謂準備期間をさっぴかれて、
モノだけを求められると、 ・・・・

急にやる気がなくなります。

もうね、俺様の文章だ、読んどけ、くらいの気持ちになります。
まぁ、文才なんかあったもんじゃないんですけれどね。
でもきっちりしあげますぜ!!!



例えば、ガンプラを無から作ろうと思った場合、
デザイン、機能(何処がいごくかとか)、サイズなどなどを
きちんと設計して、そこから作りやすさを考慮して設計図をつくると思います。その後、前述の設計に基づいて、
金型をつくったりして…組み立てはもう、最後の方…
組み立てなんぞ、全体からみたら、ホンのごく一部だと思っているのです。
組み立て終われば、前述の設計の通りのデザインか、機能が満足されているかとかの所謂テストになってくると…こんな風に思っています。


ですので、私は、すぐに組み立てをするのではなくて、お芝居についても演出者の設計作業が非常に大事だと思っています。
私は元来頭の良い方ではないので、設計をきちんとしないと、役者さんやスタッフさんに
伝わない場合があるということもあるのですが・・・

これはイメージを明確にして、公演の1シーン、1シーン明確に明確に・・・
そして、それを拠り所にしてお稽古をするめていくことによって、スタッフ間、役者間の連携が図れ、素敵な作品になっていくように思うのです!


設計にじっくり時間をかければ良いものができる。
手間暇かければ良いものができる!
と私は考えています。


反面、設計通りに行かなくても余裕をもったプランニング、
イレギュラーがあった場合や、役者さんのイメージが私のイメージに刺激を
与えてくれた時の再プランニング、再設計にも対応できるように
様々な角度から色々なことを考えておく事も大事だと思っております。
ラベル:設計 演出
posted by 武藤賀洋 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

回顧録

ちょっと前の話になりますが、
私が講師を務めております、学校の名称が変更になりました。

以下は学校のページからの抜粋です。

■重要なお知らせ■

平成19年度より以下のように学校名が変更になりました。

旧学校名/専門学校 原宿パフォーマンスビレッジ
現学校名/専門学校 ESPパフォーマンスビレッジ
本校の設置者である学校法人イーエスピー学園は世界的に有名なギターメーカーである株式会社ESPを母体としてはじまり、姉妹校である専門学校ESPミュージカルアカデミーも今年で開校21年目となります。今回このESPという名前を学校名に入れることにより、ESPグループの一員であることを明確にし、より親しまれる学校名になったものと自負しております。この「専門学校ESPパフォーマンスビレッジ」という新学校名により、みなさまがESPグループのネットワークを通じ、より大きなチャンスを得る助けになると確信しております。学校名変更についてご理解を賜りたく存じます。

よろしくお願いしますー
ちょっとだけ、私も出てます。。。


そして、またまた、ちょっと前の話になりますが、
その学校の修了公演が、3月におこわなわれました。
1年生が1年間の集大成を見せる舞台をなりました。
私が担当したのは「ロミオとジュリエット」
やはり私はこの物語を家族愛や普遍の愛の物語として
描きたいと感じ、生徒と共に創って行きました!
お客様の中には、感動で涙される方が多く、お褒め
のお言葉を頂戴し、とても感無量でございました。
また、業界の諸先輩方にご指導や叱咤激励を
頂戴しましたので、今後の講座に反映できたらと思っています。

また、この学校は出来たばかりなので、第1期生が卒業しました。
卒業公演も感動の嵐でした〜
そして、卒業生も新たな進路(プロダクションへの預かり所属や
養成所への特別進級など)、生活へと旅立って行きました!!!

いつか同じ舞台でお仕事できますように〜
posted by 武藤賀洋 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

もちはもちや

3_1_2.jpg

演出家として、常に色々なものを研究していこうと考えていますが、
やはり専門家には知識量としてはかないません。
しかしながら舞台を構築する手前、わからないと言っていては
始まらないのも事実です。

私は演出として舞台を構築する上においては照明効果、音響効果、美術効果も
学ぶべきだと考えています。
が、’もちはもちや’という考えでもあります。

3_1_1.jpg

詰まる所、そういった知識の取得や研究は図書や現場内外で(例えば他の人の舞台や
研究場所、お稽古場所)学べば良いものであって、
仕事としての現場に入っては、専門家にお任せするのが一番だと思っています。
一番大事なのは、そういう専門家の方々にイメージを上手く伝える事が
できるかどうかだと考えています。
つまり、シーン毎にどれだけ自分のイメージに忠実に専門家に伝える事が
でき、かつ、出来上がりのその像を共有する事ができるか、
どれだけ共通の言語で会話する事ができるかが重要であると思います。
けして、そこには技術的な話、詳細な方法の話は挿んではいけないのでは
ないかと考えています。
そのためにも―――共通する言語で会話するためにも―――演出家たるもの
様々な作品を見て勉強し、様々な作品に触れ、もっとイメージをつけて
いかなければならない、そう考えています。

私たちはやはりチーム創作であろうと考えます。
従って、お互いの技術部分に干渉する事無く、イメージを共有する方法を
構築するというのが演出に求められる能力ではないか、生意気ながらも
そう考えています。
posted by 武藤賀洋 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

脚本を分割する

これは、演出家というより、私はといったほうが良いと思いますが、
どんなに短い物語であろうと、長い物語であろうと、
作品を複数のパートに分けて、俳優さんたちとその情報を共有します。

本番に近くなれば、その分けたパートは必要なくなると思いますが、
部分分割にすることによって、作品全体の流れをおおまかなところで
役者さんと共有できるのではないか、そう考えています。

その分割も様々で―――舞台転換を基本に分割を行うか、
登場人物の心の動きが顕著にあわれているところ、もしくは現れていない部分
でおこなうか、舞台上の動きが激しいところでおこなうか、―――
あると考えています。

しかしながら、そこには舞台作品を創造する上において、
何かしらの理念、思想がないといけないと考えています。

分割を行った脚本を前に照明のイメージや音楽、舞台装置のイメージを、
また、その部分部分で一番言いたい事などを纏めて行く作業が
お客様にお届けする第一歩のように考えています。
posted by 武藤賀洋 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

施策

舞台を作っていると、新たな技術に出会うことがしばしばある。
そうした時に演出家はその技術に関して、自分なりの解釈を
もって、施策をこうじなければならないと考えている。

その施策について俳優さんを振り回すことはもってのほかで
あるが、芸術家として、施策がないのはどうかと思う。

これは俳優さんに言えることだと思う。
新しい現場であれば、その現場の文化を取り入れ、
施策を講じなければ、次の仕事はなかなかこないのではないだろうか。
というのも、やはり我々人間は、経験からの判断に基づき
行動、言動を行っていることが多い。
そうした観点から、今までの自分のやり方のみをひけらかしていたら、
その他大勢の経験や歴史を―――最悪、無視してしてまう可能性すら
あるのだと考える。

我々は常に柔軟な頭と施策を持って、仕事に取り組まねばならない、
そう考えている。
posted by 武藤賀洋 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

シーン分け

脚本には特に指定されていなくても、私は常々、その物語の
シーンやカットを独自に切り分けます。
そして、それはお稽古を数回、拝見してから区切るのですが・・・。

本番に近くなればなるほど、全体を通すということをしていきますが、
私は主に、その作品で訴えたいところを重点にお稽古したいことなどから、
パートを複数に分けてお稽古します。
また、「舞台に出た瞬間にその役の仕事は終わっている」という観点から
各役の登場シーンはとってもよくやることからも、シーン、カットわけ
というのは重要な仕事の一つだと思っております。

パートを分けて脚本を読み、表現したい事、訴えたいことを中心に
構成をしていくと、転換や照明、音に至るまで様々なイメージが
出てくると思いますし、また、制限事項などにも的確に対処できると
考えています。
posted by 武藤賀洋 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

一番訴えたい場所

脚本を読んでその全てを一言一句、全てをお客様に
ご覧いただきたい、そういう気持ちは常に持っていますが、
それは不可能だと思います。

先だっても書きましたが、作品を通じて自分の訴えたいこと
を明確にすることで、おのずと一番訴えたい場所が
現れてくると思います。

その場所を重点に、または基点として、前後の物語の
音楽、照明のイメージを出していくのも演出者の仕事
なのではないか、そう考えています。

『作品を通じて自分の訴えたいこと』を明確にすることに
よって、その舞台、物語に存在する全ては
必ず理由(語弊があろうかとおもいますが、存在理由)が
見えてくると思います。
その理由に矛盾が生じれば、検証し、その事象(物言いや
段取り、照明、音楽について)別の方式を検討することに
なると思いますし、理由が不明確であればその事象自体の
存在を疑うことになろうかと思います。

私は脚本というよりどころを一部も変えることなく、
上記のような事象の検証を繰り返し、そのすべてに、
すべての役について、理由のある動き、理由のある言動を
求めて行きたい、そう考えています。
posted by 武藤賀洋 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

訴えたい事を明確にする

演出家の仕事の一つに『訴えたい事を明確にする』といことが挙げられると思います。

お芝居を作ろうと思ったら、まず作品を通じて訴えたいことを
考えるのが私の常ですが、そうした事項をイメージに加え、
キャスティングしたり、音や灯りの基のイメージを作製します。

何度もお稽古を重ねて、より深くより広く表現をこねていくわけですが、
途中で迷いも生じます。
そんな時は、この『訴えたい事』というフィルターを通じて
場面場面を見ていく事にしています。

確かに見栄えも大事なのですが、訴えたい事とかけ離れていたら、
それは作りをかえたりしなくては・・・そうも考えています。

『訴えたい事』を明確にし、キャスト、スタッフ全ての人に
この事を伝える事が演出家の仕事の一つである、そう考えています。
posted by 武藤賀洋 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

違いを見る

私は演出家の仕事の一つに、前回のお稽古との違いを見つけると
いうものがあると思います。

これは、単に姿形の違いだけは当然ですが、
表情だったり、物言いだったりの違いを見つけて、
そこから、役者さんが向かい合ってきた役を理解するという
のがお稽古初めの第一歩だと思う訳です。

「それ、イメージちがうんだ」
っていうことはきっと、小学生でも云えると思うのです。
そこから、
「なぜイメージと違うのか」
「どうのようにしたら役者さんのイメージを刺激することができるのか」
「どのようにしたら、役の心を表現できるのか」
「どのようにしたら、役の真情を表す事ができるのか」
いったことを、役者さん任せにしないで且つ、結果として立ち居振る舞いに
至るまでを構築していくことが仕事の一環だと思うのです。

こうした事は、前回、前々回のお稽古の内容と細部までのことを
今、見ているお稽古とを照らし合わせて、作品と、全ての役、
道具、装置に至るまで向かい合う事が演出家の仕事の一端だと私は考えます。
posted by 武藤賀洋 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

見てからプラン

これは僕のわがままかもしれませんが・・・。
演出プラン(舞台の大道具、小道具、衣装、音楽、照明などなど)
はお稽古を十二分に見てからでないと、考え始めません。

なぜなら、配役も会場もお稽古を見てからでないと
自分のイメージと実際との動きとの差異、
アンサンブル、バランスが取れないからです。

もちろん、こうしたい!
っていうプランニング案もありますが、
役者さんが役と向かい合い、それを見て感じてプランニングを
立てたほうがさらに中身の濃い作品になる気がします。

もちろん、役者さんと
役と作品、関係性などさまざまなことを話すことも
プランニングを進めるのに有効だと考えていますが、
まずは、制限なくさまざまに自由に表現をしてみて、
その中から制限するもの、絞るものを決めていくのが良いと思います。
なぜなら、演出プランって役者さんのイメージを膨らませる役割も
するかもしれませんが、妨げる制限の役割もあると思うのです。

ですので、プランニングをする前に役者さんの自由なイメージのままの
表現を拝見したい、そう考えるわがままな演出家なのであります。。
posted by 武藤賀洋 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

配役

演出のお仕事の一つにキャスティング、配役を考えるというのが
あると思います。(お仕事の種類によってはない場合もあろうかと
思いますが・・・)

配役についていうと、役者さんが制限されている場合は特にですが、
バランスを重要に考えます。
このバランスというのは色々な要素が出現してくると思うのですが、
特に年齢や容姿といったことは特に最重要として考えていません。
(もちろん、脚本によっては指定されている場合もありますので、
 そういった部分は考えますが・・・)

一番重要にしているのは、私自身が『作品を通じて何を表現したいか』
ということです。もちろん、命題である、"真情"や"心の動き"を
踏まえた上でなのですが・・・。

例えば昔話「ももたろう」を私が演出しようとした場合、
 A.ももたろうと中心とした勧善懲悪の活劇
 B.ももたろう、おじいさん、おばあさんの家族を中心とした家族ドラマ
 C.鬼を中心とした破滅的な世界観をあらわすドラマ
同じ脚本でも、上記3つの表現したいことを考えると、
やはり、キャスティングは変わってくると思います。

こうしたことから、役と物語の関係というのをより深く研究し、
何を表現したいかと考えることが配役のお仕事の大部分だと
考えます。

もちろん、それには役者さんの所謂、個性をお稽古の中で
有る程度把握しておく必要はあるかと思います。
posted by 武藤賀洋 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

演出のおしごと

演出家のお仕事は色々あると思いますが、
一番の根幹となるのが、
『俳優や声優、役者の想像力を掻き立てる』
ということだと考えています。

しゃべり方、物言い、仕草も勿論、"好み"を
伝えることはあるにせよ、
正解の無い世界だからこそ、表に出る役者さんの
想像を掻き立てて、その役者さんの個性、特性を
生かした作品が出来上がると思うのです。

勿論、私自身も作品に関われば、私自身表現したいもの
を付け加えたりすることがあります。
私自身の想像力がどれだけ役者さんの想像力を
掻きたてられるか・・・役者さんの想像を刺激するように
一所懸命、研鑽してまいりたいと思います。
posted by 武藤賀洋 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。