★いつも応援、ありがとうございます!★
にほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演出家へにほんブログ村 アニメブログ 声優へ人気blogランキングへ

2011年09月09日

主役とか脇役とか考えた時点で・・・

こちらの記事でご案内もしましたが、YouTubeに音声コンテンツを載せましたのでお時間ある時に聞いていただけると嬉しいです!
このブログでも何度もいっている通り、鍛錬を怠ると…ああいうおしゃべりになってしまうという、反面教師的な私のおしゃべりですが、お迎えした俳優さんお二人のおしゃべりは実のあるものですので是非是非、お聞きください♪

さてさて、今日の話題は
『主役・脇役』
についてです!

私は常々、物語において、『主役も脇役もない』と考えています。物語において、誰が主役か脇役かを決めることができるのは唯一お客様か作者のみだと考えているからです。

物語の中で所謂主役というのはどういう役どころでしょうか?
せりふが多いものをイメージされかとと思います。
もしくは登場時間が長い人物でしょうか。

・・・。

私は台詞の長さや、登場時間のみで主役脇役とわけることはできないと考えています。
なぜなら、舞台でしゃべらなくても、その人物のことを周りの登場人物が多くしゃべっていたとしたらどうでしょう…台詞の多さは多いけれども、物語の中心にいるのはやっぱり”しゃべられた”側だと思うのです。(ちょっと話はずれてしまいますが、ゴルゴ13なんかそうですよね。主人公はあまりしゃべりませんが、主人公の凄さはまわりの人物がしゃべりますし、それでも物語の中心はデューク東郷(自称)なわけです。)

なにが言いたいかというと、台詞の多い少ないは単にその物語の中の事象に対するものでしかなく、登場人物は常に、登場人物中の主役であることが大原則である、つまり、その登場人物一人、役を振り当てられたその役が生きる上では主役はその役であると考えているのです。


俳優さん個人が台本をもらい、台詞の多い、少ないで主役、脇役を自分の中で決めるのは良いと思いますが、しかし、舞台を創る以上、誰が主で誰が脇などという序列をお稽古場に持ち込んではいけないと考えています。何故ならば、どの人物をどのように配置し大げさに言えば目立たせるかというのは、役者さんの仕事ではないからです。これは監督だったり演出家の仕事であるわけです。

役者さんの仕事はその役の人生(動物、無機物の場合もあると思いますが・・・)を―――実際に生きていると同じように―――精一杯『舞台上で生き』なければいけないと思います。そこに”他の主役は存在”しないですし、できるわけがないと思っています。
舞台では各登場人物は自分の生を全うしようとしていると思うのです。

つまり、どんな役でも、その役のバックボーンを研究し尽くさなければまた、その役と他の役との関係性や背景を研究しなければ見ている方々の心を動かすことは難しいのではないかと考えています。役に向かい合う際、「主役 脇役」という固定観念こそが自分の表現の狭くしているような気も同時にしております。

物語の登場人物には作者の意図するところの主役・脇役の概念があったにせよ、表現する我々は、すべての役が主役であり、すべての役が脇役と捉え、役作りを通じて、役の生を全うさせ、作品を創っていくことが
肝要だと、私はそう考えています。
タグ:主役 脇役 物語
posted by 武藤賀洋 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新和座ラジオ♪アップしました☆

いつも武藤賀洋の演出ノートblogをご覧いただきありがとうございます!

劇団新和座のブログでもお知らせしましたが、新和座ラジオという音声コンテンツをyoutubeにアップいたしました♪

いやぁ〜おしゃべりって難しいですね〜
久々にマイクの前でしゃべりましたが・・・滑舌も悪いし、もっとおしゃべりの練習をしなければ!と思いました〜
いやぁ〜言い訳ですが、役者さんの練習をさぼっているとこうなるという反面教師になっているかもしれません…なんて…

そして、下記2コンテンツは私がホストとしてお送りしております!
11月公演予定の「トンデモ医者」に客演いただくお二方をお迎えしました♪
是非、お耳汚しに聞いていただけたらと思います!


居能侘助さんをお迎えしました♪


わんわんぱにっくの香西静さんをお迎えしました♪

是非是非お聞きください♪♪
posted by 武藤賀洋 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

自分を見つめる、把握する、動かす

9月になりました!
早いものでもう、9月です!!
なんという早さでしょう〜 秋です、秋。
当然のことながらまだ残暑は残っていますが、もう秋です。
芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋…皆さんはどんな秋でしょうか〜
私は芸術の秋と行きたいところですが、食欲の秋となりそうです〜

さて、今日の話題ですが、
『自分を見つめる、把握する、動かす』
です。


お芝居をする上において自分を知らなれければお話にならないと考えています。
例えば、どれくらいの高さの声が出せ、滑舌ではどこが不得意であり、怒った時はどんな表情をするか…などなど。把握されているでしょうか?
身近で言えば、似合う髪型似合わない髪型、似合う服・似合わない服などなど自分に合う合わないなどある程度ご存知だとは思います。
同時に着たい服と似合う服というのも別だと思うのです。(一部で合致しているかもしれませんが…)

役者さんにとって、自分を知るということはこれは基礎的なものの一つだと考えています。
何故ならば、皆さんにオファーを出すのはは皆さんを客観的に見ている方だからです。
その魅力を皆さん自信が把握できていないとすれば期待通りの仕事ができないと思います。
この魅力というのは外見的なもの、お芝居的なもの、内面的なもの、スキルなどなど色々あると思います。


これらをまず自分で知ることは重要だと思います。

皆さんは自分の顔を鏡で見ることが多いと思います。
自分の顔の好きなところ、嫌いなことろがあるかと思います。自分の顔が嫌いな方はどこがどのように嫌いなのか確かめてみましょう。同時に自分の顔が好きな方はどこが一番すきでしょう?
自分の全身はどうでしょう?好きでしょうか、嫌いでしょうか。

自分の好きなところは人にアピールできますし、嫌いなところは修正しようとするかもしれません。

しかしながらこの好きな点嫌いな点含めて全て自分の個性であります。たとえ嫌いな点が弱点だったとしても、その弱点を知らなければその弱点をコントロールできません。
ですので、個性をしっかり自分で把握し、おさえることがお芝居をする上で非常に必要であります。

と同時に、顔、身体に共通して、どのように動くのか、動かないのかを把握することが必要です。
例えば、怒りの表情はあなたにとってどのように顔の筋肉が動くでしょうか。
鏡を見て研究し、自分で把握し、コントロールできることが役者さんにとってとても大事だと私は考えています。
posted by 武藤賀洋 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現論【ムトウ版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。